<< 2019。 | main |
2019.01.19 Saturday

シンポジウムに参加して。

0
    今日はほんぽーとで開催されたシンポジウム「地域の課題がマチを蘇らせる 空き家から考えるマチの未来」に参加してきました。

    主催はT-Baseさん。

    Facebookでイベントを見かけて、参加してきました。Facebook凄い。

    午前中までの仕事を済ませ、急いで一旦家に戻り、カレーを飲むようにたいらげ、ダッシュで駅へ。途中カレー出るかと思いました。大丈夫でした。

    まず基調講演は、名古屋の円頓寺商店街の再生に携わっている、市原正人さんの実例を踏まえたお話し。

    これがもう本当にドンピシャで、ストライクゾーンまっしぐら。正に私がやりたい事、こうなったらいいな、あれをやりたいなといった事を全て体現している方でございました。

    昨今流行りのまちおこし、まちづくりって、やったは良いけど、その後ぶっちゃけどうなの?って思いもありましたが、市原さんは今も円頓寺商店街へ通い続け、関わり続け、商店街は衰退の道から復興への道を緩やかに登り続けているそうです。入れ替わりは2店舗あるものの、今まで新しく商店街に仲間入りした店舗はひとつも抜けがないそうです。本当に凄い。

    私が去年関わらせてもらった内野町での物件探しは残念ながら良い縁に巡り合わず、なかなか思い通りに行かない挫折を味わいました。

    市原さんもやはり最初は同じような失敗を繰り返し、その度に新しいアプローチで商店街に関わり続け、今の賑わいが生まれました。

    実際に活動をしていて、結果を出している市原さんのお話を伺って、勇気をもらえました。そして、やはり私はこちら方面に興味があるのだなぁと再確認しました。


    次は、新潟大学准教授の関谷浩史さんの調査報告として「地域を再生させる空き家の戦略的活用」のお話し。

    こちらも凄い内容で、ちょっとブログでは上手く説明出来ないのですが、最新のテクノロジーを利用して人間の行動から心理を読み取り、地域の課題を見つけ、データから課題の解決策を模索出来るのではないか、とそんな研究、調査結果をまとめた内容でした。

    えっと、人間の歩き方にその時の気持ちや、ストレスの具合などが現れるという所から、実際に地域の道を計器をつけて歩いてもらい、そのデータを元にこの通りは開放感を感じながら歩いていますとか、この通りは倦怠感、疲れを感じながら歩いていますといった具合に、知らずに人間が歩いている仕草をデータ化し、その通りの課題と、適した対処方法を見つけ出す。みたいな。もう、本当に凄い。新潟にこんな事を真剣に調査している方がいるというのは驚きと共に、非常に心強く思えました。

    今までは、何となく暗いなと感じる、とか、何となく〜という言葉に表せないデータを可視化するわけです。

    新潟から、従来とは違う全く新しいまちづくりのプロトタイプが生まれるのではないか。そんな希望も垣間見えました。


    最後のパネルディスカッションでは、新潟県建築士会顧問の渡辺斉さんがコーディネーターを務め、パネリストとして伊藤純一アトリエの伊藤純一さん、沼垂テラスでお馴染みの田村寛さん、先ほどの市原さんと関谷さんの4人でディスカッション。

    伊藤さんのお話は、伊藤さんが実際に携わったリノベーションの案件と、古民家、価値のある古くて趣のある建物を守る為に活動している事など。

    あそこが解体されるみたいだよ、と情報を得る時点ではほぼ間違いなく遅すぎて、もう解体されてしまうという事態に何度も遭っているそうです。

    なので、予防が大切だと。日頃から、古くて趣のある建物、空間にはこれだけの価値があるのだよ、とそんな事を伝えるための活動などをされています。

    これは実際に、私も昨年経験しましたので良く分かります。。。


    そして、田村さんのお話は以前から聞いてみたいと思っていたので、凄く良いお話を聞けました。ただ、時間も限られていたので全てをお聞きすることは出来ませんでした。

    ですが、一個人が始めた事が今では新潟でも有名なスポットとなり、今もなお続く出店希望者と違う場所の空き家の大家さんとのマッチングを行なっているというお話は、新潟も捨てたもんじゃないぞという気持ちにさせられました。


    シンポジウムだけでも大変有意義な時間を過ごせましたが、本番はここからです。懇親会にももちろん出席しました。

    懇親会の良いところは、何と言っても人数が減って、更にディープな話を聞くことが出来る、という所に尽きます。何なら、直接話すことも可能ですから、参加しない理由はありません。

    とは言え、完全に知り合いもいない中に参加するのはやはりやや緊張するものの、終わる頃には多くの方と打ち解けて本当に様々な情報交換が出来ています。

    9時頃に終わったので、モリソンクラブに寄って2杯だけハイボールを飲んで、ブライアンと話して帰宅しました。


    頑張ろう。楽しく。みんなで。勝手に。

    おやすみなさい!
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM