<< 細部を考えるという事。 | main | 気候と体調。 >>
2017.04.22 Saturday

動く事と考える事の関係。

0
    こんにちは。


    さて、昨日の続きで東京出張2日目の事を書いていきます。


    2日目はまずここからスタート。

    北斎美術館へ。

    前回来た時に来ようと思っていたのですが、時間切れで来れませんでした。

    目を惹くデザインですね。
    手前に公園がありまして、ちょうどそこで園児たちが走り回っていました。
    ソリッドな建物と、楽しそうに走り回る子供達のバランスが面白かったです。

    外観は迫力があって大きく見えましたが、中に入って展示を見て回ると割とコンパクトにまとまっていたような印象です。
    建物についての解説などなく、私もあまり事前に調べてこなかったので、図面が欲しいなぁと思いました。笑


    そうそう、肝心の北斎の展示は良かったです。
    以前、長野県小布施の北斎館へ行った時に初めて北斎の絵をマジマジと見て以来でしたが、やっぱり良いですね。
    風景画も良いんですが、私は人物画が好きです。
    生き生きとしているというか、そのまま動き出すんじゃないかというくらいの描写で描かれているんですよね。


    北斎の生涯に沿った展示がされていまして、子供の頃に絵を描き始めてから90歳で亡くなるまで、ずーーーーーーっとひたすらに絵を描き続けている訳ですよ。

    33歳の自分はなんてちっぽけなんだろうかと。まだまだひよっこだなぁと。

    何だか、もっともっと建築をしよう。

    そう思いました。



    さて、次はLIXILギャラリーへ。

    こういうのも好きです。佐渡でやりたい。



    あと、別の展示室でやっていた南極建築展が面白かったです。

    南極という極端に特殊な場所での建築とは。


    逆に、普段やっている事とそう変わりないんだなぁとも考えました。



    そして、最後はパナソニック汐留ギャラリーへ。

    こちらも楽しみにしていました。

    フランスの人から見た日本の家についての展示。


    基本的には日本を代表する住宅作品が勢揃いですが、おそらく視点も価値観も全く違うフランスの人が編集をしている事で、今までとは違った所に気づいた部分もありました。


    また、ほぼ全ての住宅作品を紙面でしか見た事がありませんでしたが、実際に現地に行って住んでいる人の様子を動画で撮影し、さらに建築家も交えインタビューもされているので、以前より断然理解が深まりました。


    やっぱり雑誌なんかで読んでも、実際にどういう暮らしをしているのかは分かりませんから。


    思ったよりボリュームがあり、昼食を食べずに来たのを激しく後悔しました。。。笑


    でも面白かったです。来て良かった。



    駅へ向かう途中に見つけた立ち食いうどん屋で軽く食べ、新潟へ。


    帰りの新幹線の中で、今進めている住宅のアイデアがいくつか浮かびました。


    1日中机に向かって間取りを考えてるよりも、移動して、見て、聞いて、感じて、色んな刺激を受けた方が良いアイデアって思いつくのかもしれない。



    だから、私があちこちウロウロしていても、仕事してないじゃないか!とか言わないで下さいね。


    一応、何かしら考えている。。ハズです!
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM