<< 上棟。 | main | ミチココカフェ 改修工事 >>
2014.10.27 Monday

House F 進捗状況

0
    こんにちは。今日はぐっと気温が低くなり、いよいよ冬が近づいている気配を感じられますね。
    今年は早々に雪が降り始めるんじゃないかなぁと予想している、今日この頃。

    さて、House Fの現場も着々と進んでおります。
    今回は3週間分の進捗状況をダイジェストでどうぞ!



    上棟が終わると、まずは外周りから塞ぎ始めます。



    外壁にガルバリウム鋼板を採用するので、防火と耐震性に優れた「ダイライトMS」という12亳のボードを外部全面に張ります。
    単板のガルバリウム鋼板だけだと防火上不足してしまうので、このダイライトを下地に使用する事で防火構造をクリアしています。また、規定されたピッチで釘を施工する事で従来の筋交いの代わりに地震の揺れに耐える、という働きも兼ね備えます。
    ボードを張り終えた所で窓の設置箇所に穴を開け、窓サッシを設置します。



    その上に透湿防水シートの「タイベックシルバー」を貼っていきます。
    内側からの湿気を通し、かつ、外側からの水は防ぐという役割を持ちます。屋根にも使用しましたが、表面にアルミコーティングされているギンギラギンのシルバータイプは太陽熱を反射します。
    ガルバリウム鋼板を外壁に使用する場合、金属の性質上熱を通し易いというデメリットがあるため、予算が許せばこのシルバータイプを採用しています。まぁ、シルバーじゃないタイプよりもお値段がお高いという事ですね、はい。



    さらに、一定間隔で「胴縁(どうぶち)」という木材を施工します。横方向に細い木が手前から奥まで施工されているのが分かりますね。そして、この上に外壁材を施工していきます。
    という事はタイベックシルバーとの間には胴縁の厚み18个龍間ができる事になりますが、その空間が通気層として機能します。土台から軒まで続くこの空間によって内側からの湿気を排出し、柱や梁などの構造躯体を長持ちさせる、これが乾式通気工法です。



    胴縁まで施工が完了した全景。様になってきました。



    軒先部。全て表しになりますので、今のうちに塗装しておきます。



    使うのは今回初めて採用した「ウッドロング・エコ」という塗料。というか、粉ですね。粉を水に溶かすとこんな黄色い液体が出来上がりますので、これをせっせとハケで塗ります。何か、表面に黒い物が浮かんでいますが、これも気にせず塗ってしまうそうです。
    天然成分のみで作られた木材保護材という事で、以前から気になっていました。一般的な塗料のように何とも言えないいや〜な匂いはしませんが、代わりに何だか鉄のような匂いがします。鉱物も入っているそうなので、その匂いでしょうか。



    塗り終えてしばらくすると、落ち着いた色になりました。全体的に灰色がかった感じでしょうか。
    塗る面積によってめちゃくちゃ疲れますが 笑 比較的容易です。私でも出来たくらいですから、どなたでも出来るはずです。
    業者じゃなくてもネットで注文できますので、気になる方はこちら→
    http://www.mitsurouwax.com/cont02/チェックしてみて下さいませ。
    ぐるっと4周を1日がかりで塗り終えました。久しぶりの現場作業で、くたくたです。。。でも、楽しい。



    お次は内部。
    外のボードが張られると、ようやく空間が現れ始めます。



    吹き抜けを見上げると、2階の大きな窓から太陽の光が。
    秋〜冬〜春の低い太陽高度を利用して1階にも光が差し込むように設計しました。陽だまりのダイニングになりそうです。
    逆に太陽の光が必要ない夏場には太陽高度が高くなりますので、大きく跳ねだした軒が太陽光を遮ってくれます。



    外側を塞ぎ終えると、今度は内側から断熱材を設置します。
    今回は高性能グラスウール「アクリアネクスト」を採用しました。



    この頃から電気工事も始まります。
    天井裏から各部屋のスイッチやコンセント、照明器具の場所まで配線を通します。



    2階のトイレ用に水道管と排水管も1階の天井裏に設置します。



    配線等が終わると、内側に石膏ボード12.5个鯆イ辰討います。
    この上に壁紙を張れば内部壁の仕上げは完了します。



    2階洋室の勾配天井。
    斜め梁と合板がこのまま表しになります。
    このまま無塗装の木を楽しむか、何か塗るか、未だにFさんと頭を悩ませています。
    しばらく子供部屋として使われるので、飽きたら好きな色に塗ってもいいのかなぁとも思いますが。むむむ。



    ユニットバスも設置完了しました。
    普段はこんな状態を見ないと思いますが、こんな風に箱として設置されているんですね。



    壁や床とは隙間を開けて、独立して設置してあります。
    一昔前のタイル風呂等とは違い、直接壁や床に張ったりして施工している訳じゃないんです。
    工場で作られたパーツを現場で組み立てるので、実は家具に近いかもしれないですね。



    扉を開けて中を見るとご覧の通り、見慣れたお風呂です。



    そして今回の空調設備の肝、小屋裏空間の暖気を1階の洗面室に下ろす為の空気循環用換気扇の設置も完了しました。
    House Fの暖房計画は、大型ペレットストーブによる全館暖房を目指しています。
    暖まった空気は吹き抜けを通って上に上に、吹き抜けを介して通じている小屋裏空間に溜まっていきます。
    そのままでは1階はなかなか暖まらないので、その暖気を1階まで循環させよう、というのが今回の暖房計画です。
    写真は2階から小屋裏を見た図です。見えづらいですが、写真上部の小屋裏から灰色の配管を2階まで縦に通しています。



    1階から2階を見上げる。
    先ほどの縦の配管が下りてきて、1階の天井裏で金属製のフレキ管に変わっているのが分かりますね。



    やや左のちょっと色が変わっているシルバーの筒状物体が換気扇本体です。



    1階の天井裏を通り、再び縦配管で1階の床付近まで下げてきて洗面室の足元から空気が出てくる、という仕組みです。
    完成予定が1月の真冬なので、大型ペレットストーブ+空気循環がどの程度の暖かさを作り出せるのか、体感するのが待ち遠しいです。

    今回もやはり盛りだくさんになってしまいましたので、この辺でやめときます。笑
    ここからは床のフローリングや棚類の造作関係の工事に取り掛かりますので、どんどん家らしくなってきます。
    次の更新も乞うご期待下さいませ!
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM