<< 夏の終わり。 | main | 基礎工事完了と、尾瀬リベンジ。 >>
2014.09.13 Saturday

基礎工事と、万座温泉。

0
    最近は突然雨が降ったり、暑かったり、涼しかったり、なんだか読めない天気ですね。
    そんな中、無事にHouse Fの基礎工事が進んでおります。

    それでは簡単に基礎工事の進捗状況をダイジェストでどうぞ。


    まずは建物の形に合わせて地面を掘り、整地します。



    ちょっと見にくいですが、砕石を敷き固め防湿シートを前面に被せます。これで地面からの湿気をシャット。
    写真では雨が降ったので、さらにシートを被せて養生しています。



    隙間から覗くと、外周部に捨てコンクリートを施工してあるのが分かります。
    このコンクリートは構造上重要なものではなく、この次に施工する鉄筋を綺麗に組むための平らな台、というような役割として機能します。



    そして防湿シートの上に鉄筋を並べていきます。



    鉄筋が組みあがった状態。綺麗ですね〜。
    この段階で保険機関の検査員と共に基礎配筋検査を行います。図面どおりに施工されているかチェックします。



    無事に検査も終了し、基礎の底面部「基礎スラブ」部分のコンクリート打設です。
    ダンプで運んできたコンクリートを、このポンプ車でくまなく施工します。



    離れている所から腰に付けたコントローラーでギュイイーンと上手に操作する職人さん。かっちょいい。



    そして後日、スラブコンクリートが固まった上に今度は基礎の上部「立ち上がり」部分の型枠組みです。



    型枠内部。鉄筋やアンカーボルトなどが施工されているのが見えます。



    そしてスラブ同様、くまなくコンクリートを打設します。
    雨が降りそうだな〜と思っていましたが、直前に物凄い豪雨。。。が、すぐに止んでくれました。打設中じゃなくて良かったなぁ。

    しっかりとコンクリートが固まるまで、このまましばらく養生します。
    型枠が取れたらまた写真UPしますね。



    ここで話は変わりますが、先日めでたく入籍2周年を迎えまして、妻と2人で1泊2日記念旅行に行ってきました。
    メインの目的は群馬県の万座温泉。上越〜長野経由で群馬に入り、翌日は草津〜湯沢湯経由とぐるっと回るコースとしました。
    こちらも写真でダイジェストをどうぞ!



    朝新潟を出発して、まずは昼食に美味しい蕎麦を食べに長野県の小布施へ。

    行ってから気付いたのですが、小布施って結構観光地なのね。。。笑
    栗が有名なんだそうで、そこら中に栗モチーフのロゴが。可愛い。
    目的の「富蔵家」という蕎麦屋さんで腹ごしらえ。ここの蕎麦、凄く美味しかったです。

    せっかくなので街中をブラブラ。葛飾北斎の展示をしている小さい美術館があったので、入ってみる事に。
    もちろん有名なので名前は知っていましたが、じっくりと作品を見るのは初めて。いやぁ、見入ったなぁ。
    色彩といい構図といい、とにかく凄かったです。人気の理由が分かりました。北斎ヤバイ。

    ジェラートを食べて次の目的地、地獄谷野猿公苑へ。


    駐車場から歩いていくと、温泉が噴出しているらしき場所が。虹が出て綺麗。でもめっちゃ濡れた。

    15分ほど歩いて公苑入口まで着いたものの、ここで入場券を買う事を知らず油断していた私達は車に財布を忘れてきてしまうという痛恨のミス。急いで私が車まで取りに戻る。近くを歩いていたスーツ姿のお兄さんも財布忘れたらしく、私の前を歩いて戻っていました。ちょっと分かりづらいよなぁ。駐車場で500円払うし、それが入園券だと勘違いしちゃう人多そうだ。


    待っている間に妻が撮ったトカゲ達。2匹仲良く写ってくれたそうです。可愛いな。苦手な人いたらすいません。。。


    ようやく入園。いきなりこの距離に猿が。。。ちょっとコワイ。



    近くで目をじっと見つめたりしないで下さいって書いてあるけど、実際はものっ凄い近くを普通に歩いたりしてます。すげー。



    ロープで遊ぶ子ザル達。人間の子供とあんまり変わらない気がする。



    そして念願の、温泉に入るサル!!!!今日、結構暑いのに入ってるー!!!!



    でも温泉に入りたくて入ってるというか、温泉の中に餌が蒔かれていたらしく、下を見てもぞもぞ。



    んで、もぐもぐ。



    外でも、ひょいぱくひょいぱく。



    こっちはノミ取り。石の上で気持ち良さそうにしていました。
    妻は終始怖がっていましたが、思っていたよりも間近で観察できました。大満足。


    そして今日の最終目標、万座温泉へ。
    かなりの山奥で、今夜泊まる万座ホテル聚楽も標高1800m。夕方に着いたのですが、気温8℃。急に別世界。さみー。



    部屋からは「空吹き」と呼ばれる景色が一望できます。中心あたりからは煙がモクモク。すげー。
    周りには何にもないので、本当に静かでゆっくりできます。
    賑やかな温泉街もいいけど、「何にもない」という特別な場所も大好きです。

    温泉は乳白色で硫黄の匂いも強く、素晴らしいお湯。何より露天風呂からも空吹きを一望でき、しかもこの日は中秋の名月。遮るものが何もない屋外で真正面に満月を見ながら温泉に入る。贅沢な時間を堪能しました。


    結局、朝も合わせて計3回温泉に入りました。本当にイイお湯だったので、また来たいです。冬に来たらスノーボードもできるしなぁ。


    2日目。本当は有名な湯釜が見たかったけど噴火レベル2という事で近づくことが禁止されていました。残念。
    とりあえずトレッキングをする準備をしてきたので、一旦草津側に下りてから車を置いて、ロープウェイでまた登り、そこから本白根山を周遊してから下山するコースを歩いてみる事に。



    綺麗な色をしたリンドウがお出迎え。
    「熊が出没したので注意」とロープウェイの人にも言われたし看板も出ていたので、若干ビビリながら歩く。一応私のリュックには熊除けの鈴を着けているが、なんだか心許ない。。。



    ビクビクしながら歩くこと30分ほどで、急に視界が開けた場所に。ここも噴火口の跡だそうで、かなりの範囲がえぐられています。ちょっと歩くだけでこの景色が見れるのは凄いなぁ。



    後ろから登ってきたお喋りな関西おじさんに撮ってもらいました。



    少し歩くと、コマクサが!



    シーズンを過ぎてしまったので、花はあまり咲いていませんでした。が、所々見える緑色の草がコマクサです。
    こんな過酷な場所にしか生息しない貴重な高山植物だそうです。面白いなぁ。



    たまに見た花。何だろうな。調べなきゃ。



    ずっと尾根を歩いているようで、凄く気持ちがいいです。右奥にはうっすらと草津の町が見下ろせます。






    岩の城のような場所に登っている私が写っています。が、ほとんど見えません。



    階段も整備されていてかなり歩き易い。



    山頂にて。いい景色ー!
    あんまり歩いてないんで、まだ元気です。笑



    鏡池を見下ろす。尾根を堪能し、下りに入ります。



    鏡池のほとりで昼食。山+カップラーメンは最高!


    登りがほとんどなかった分、下り道は結構ハードな山道でした。
    途中ロープウェイに戻るコースもあるので、特別な装備の無い初心者でも安心して景色を楽しめますよ。


    キツイ下りを終え、ロープウェイ乗り場に戻り車で草津まで下山。
    せっかくなので草津温泉にも寄って汗を流してから帰りました。

    草津温泉の方が有名だし観光客もいっぱいいたけど、万座温泉の方が圧倒的に温泉がいい。
    草津からも車で30分くらいなので、ゼヒ温泉比べをしてもらいたいですね。まぁ、好みもありますけど。


    あんまり予定を決めすぎないで行ったユル〜イ旅でしたが、とても良い旅になりましたとさ。おしまい。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM