<< 2月15日 | main | 春はもうすぐ? >>
2014.02.23 Sunday

ストローベイルハウス

0
    今日は北区にあるnicoさんにて、ストローベイルハウス勉強会に参加してきました。

    ストローベイルハウス?何かストロベリー的なスイーツ(笑)的な雰囲気を醸し出していますが、全然違います。圧縮した藁(ワラ)のブロックを積んで壁をつくり、その藁の壁に土を塗るという方法でつくられる建築工法です。日本ではかなり認知度は低いでしょう。私も知りませんでした。

    私がダラダラと解説するよりもストローベイルハウスで検索してみたほうが早いと思いますので、ここでは詳しくは書きません。
    参考記事のリンクを貼っておきます。
    【ストローベイル・ハウス?】三匹の子ブタもびっくり!現代の「藁(わら)の家」


    土を袋に詰めて土嚢を作り、それを積み重ねて壁を作っていくアースバックという工法は以前から知っていて魅力を感じていましたが、木造との組み合わせがなかなか難しいかなぁと思っていました。ストローベイルはそれよりも木造住宅での併用に可能性を感じます。木造の構造体とは別に、断熱材としての利用が容易だからです。

    容易といっても、一般的な家づくりとは全く違いますが…

    とにかく気に入った点は
    ?藁ブロックの製造エネルギーが小さい。
    ?米、もしくは麦の副産物である。
    ?セルフビルドに向いている。
    ?腐る。(良い意味で)

    『腐る』というとマイナスな印象ですが、『分解され、土に還る』と言い換えるとどうでしょう?良くないですか?

    昨今の家づくりではなるべくメンテナンスフリーな家が良し、とされる傾向があります。特殊な塗装や材料で、雨でも汚れでも何でもござれ!ってのもそれはそれで魅力的です。木材のメンテナンスとかも、めんどくさいですもんね。

    生物の命には、限りがあります。だからこそ、今を大切に生きて行く事ができます。

    永遠に朽ちない物があるとしたら、きっと大切に使う事はないでしょう。だって、ほっておいても朽ちないんだから。

    自分、そして家族と共に緩やかに朽ちていく家。

    そんな事を考える、有意義な午後でした。


    最後になりますが、この勉強会を主催して頂いたアトリエニコ一級建築士事務所の羽ヶ崎さん、どうもありがとうございました!
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM