<< 中を覗いて見てみたい | main | 6月1日 >>
2013.05.30 Thursday

木を組む

0
     梅雨に入ってしまったかのような天気ですね
    特に外仕事の方は憂鬱な季節でしょうが、基本デスクワークメインな私は涼しいし気分的にも落ち着くので結構仕事がはかどります。
    まぁ、あんまり雨が続くと気が晴れないですけどね…


    さて、昨日はHOUSE Iの上棟となりました。
    一昨日からの建前の様子からどうぞ。

    建物を囲むように足場を架け、土台〜1階の柱建てまで。



    基礎の上に土台を敷いていきます。
    丸い穴を空け、アンカーボルトを通し、ナットで基礎と土台を固定します。
    手前の四角い穴は柱用。



    基礎と土台の間には黒い通気パッキンを挟みます。
    向こう側が見えますよね?
    これで基礎の床下換気を行っています。これが外周部ぐるっと。



    この日は全て大工さんのてっぱ。てっぱとは、人力の事。
    要は手で持って運びます。さすがの力持ちです。
    私ならきっとすぐに腰が痛くなってリタイア確定です。



    建物の隅には通し柱といって、土台〜軒までを貫く長い柱を建てます。
    黒い金具が付いているのが通し柱。
    その隣の柱は梁の下で止まっているのがわかりますね。



    通し柱は構造上大切な柱と言われています。
    が、何方向からも梁を差し込んでいくので、一般的には柱の太さがどんどん細くなってしまいます。せっかくの通し柱が台無し!
    という事で改良されたのが、この黒い金具。
    従来のように柱を書き込む必要がほとんどなく、柱と梁をしっかり固定します。

    この金物を全ての柱梁に使用しているのが金物工法と呼ばれています。



    HOUSE Iの構造材ではほぼ「越後杉ブランド」認証の杉の木が使われています。
    家全体に使用する木の割合によって補助金もあります。

    木材は、圧倒的に流通の多い海外の材料の方が値段が安いんです。
    実は新潟県の木材を新潟県で使う方が、高かったりします。
    わざわざ海外から海を渡って運んできた木材が、地元の木材よりも安い、という…

    私は地産地消という意味も含めて、単純に、新潟に住むなら新潟で育った木を使えばええやん、と思っています。



    切り口を見ると、1本の木から切り取った事がはっきり分かります。
    最近ではプレカットといって、工場で全て加工された木材が現場に届きます。
    で、それを大工さんがせっせと組んでいくわけです。合理的です。



    そして昨日。
    レッカー車を使っての高所作業。
    あいにくの雨で一時は足場も悪く、見ているこちらがドキドキ。
    無事怪我もなく、1番高い棟まで上がりました!


    1階から2階の床下を見上げる。
    梁を910亟岾屬忙由僂組んで、下地の合板を貼っています。



    やっぱり建つと迫力があるなぁ。
    杉の木は新築の時点でもなんだか落ち着きを感じさせます。



    2階。



    小屋裏収納からの見晴し。
    均等に配された木組みが、また良いです。
    すぐに屋根と壁で覆われてしまうのがもったいないなぁ。仕方ないけど…



    ご主人のご両親が遠く五泉からお越し下さり、お昼過ぎからずっと現場を見守ってくれていました。
    さらに、この日の為に頼んでいた紅白饅頭を職人さん、近隣の皆様にも配ってらっしゃいました。
    昔は上棟式で餅撒きだ!なんて言うと飛んで拾いに行っていたものですが、最近めっきり少なくなってしまいました。
    まぁ、魚沼の実家が田舎という事もありますけども、何かこういうお祝い事っていいですよね。
    そんな事を感じながらおいしく頂きました。ありがとうございました。

    上棟、おめでとうございます
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM