<< 基礎配筋検査 | main | 木の器 >>
2013.05.16 Thursday

立ち上がりコンクリート

0
    昨日は一昨日打設したスラブコンクリートの上に内部型枠を設置。




    今日はもっと雨が降るかと心配していたんですが、なんとか持ちこたえて一安心。
    立ち上がりのコンクリート打設を無事に終えました。



    板と板の隙間にコンクリートを流し込みます。

    画面やや左にある長い鉄の棒がホールダウン用アンカーボルト。
    柱と基礎をしっかりと繋いで、地震の揺れなどで柱が引っこ抜けるのを防ぎます。

    そのやや右上と右下にある短い鉄の棒が土台用アンカーボルト。
    ホールダウン用と同じく、土台が浮き上がるのを防ぎます。



    コンクリートを流した後。



    今日の現場指示としては、

    (1)アンカーボルトの設置し忘れが1箇所あったのですぐに設置してもらう。

    (2)人通口があるべき場所にコンクリートを流してしまっている。
    板と板の間の部分です。
    本当は通れるようにコンクリートは流しませんが、先に流してしまっていました。
    後から板を差込んだのでこのような状態に。固まってからしっかり撤去してもらいます。

    コンクリートが固まる前で良かった
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    WEB
    http://soleirolia.com
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM