2019.09.18 Wednesday

クラウドファンディング、終わります。

0
    こんにちは!
    クラウドファンディングも残り2日と終盤を迎え、支援が絶賛停滞中の五十嵐です。笑


    さて、今日はこのクラウドファンディングを始める数年前から1人で妄想していた事、そしてここ最近改めてその事を考え直し、やっぱりやりたいなぁと思い直したので、なるべくまとめて表明しておきたいと思います。
    うおぬまエンジョイクラブとして「地元の祭りを盛り上げるプロジェクト」に関して、私が現時点で考えうる最高到達点は、「海外で神輿を開催する」です。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    海外で神輿を開催するってどゆこと?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    では説明します。
    まず、この一連のプロジェクトの最終目的は当初から変わりませんが、この大切な地元のお祭りを「次世代に継承させていく事」です。
    現時点で継承させていく事に対しての問題点は
    ・圧倒的に参加人数が少ない
    という事です。
    そもそも地元に若者が少ない(今年36歳の我々が若者と言われる)ので、参加人数は更に少ないわけです。高校卒業のタイミングで地元を離れる子が圧倒的に多いんですね。私もそうでした。

    とにかくこの「人手不足」を解消しない限り、人から人へ受け継がれていくお祭りという文化は、やがて途絶えてしまいますよね。

    では、どうやって人を参加させるか。もしくは、巻き込むか。

    その事を考える上で、我々が毎年行なっているお祭りを心から喜んでくれる人は誰なんだろうか?と考えてみました。すると、
    ・もちろん地元の人
    ですね。
    そしてもう一つ
    ・お祭り、神輿を全く見たことも聞いたこともない人
    が喜んでくれるんじゃね?と思いました。
    となると、お祭りで溢れている日本国内ではなくて、海外だろうと。
    特に小さい子供は、神輿を担いで水をバッシャバシャかけて大声で叫んで練り歩く姿を見たら、興奮するのではないでしょうか。
    キングコング西野さんの言葉を借りれば、子供たちの「初体験を奪いにいく」です。やっぱり最初に受けたインパクトは強いですからね。

    で、このプロジェクトの肝は「普段当たり前のようにやっている神輿を開催する」だけで、見ている側からしたら「非日常」になるとう事です。
    つまり、神輿さえ運んでしまって、担ぎ手さえいれば、同じ事を全力で再現するだけでパフォーマンスとしては十分、という事になります。訓練とか、練習とか要らないわけですよ。

    逆に言えば、地元の青年会を中心としたメンバーは「神輿を開催する」という素晴らしい技術・スキルがもう備わっている。

    だから、特別な事は何一つありません。ただ、ちょっと遠いところに行って、得意な事をするだけです。

    更にいうと、唯一の特徴とも言っていい「水をありったけ掛けまくる」という行為は、言葉の壁を越えて笑えるし、参加したら楽しいと思うんです。一昔前に流行ったアイスバケツチャレンジも、「水をバケツ一杯被る」という共通言語があったからこそ、あんなに流行ったんじゃないでしょうか。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    海外で神輿を開催したら、どうなる?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    それはやってみないと分かりませんが、ある程度話題にはなるのかなと考えています。

    で、たまたまそのニュースなり映像なりを「地元出身者だけど地元にいない人」もしくは「地元にいるけど祭りには参加していない人」が見たら、どう思うでしょう?

    やっべー、何か知らない間に地元が面白そうな事してるじゃん!
    ってなりませんかね?
    そこから、参加人数が増えてくれるんじゃないかな?と期待しています。しかし、壮大な前フリですね。笑

    出張神輿を国内でやった所で、大した話題にはなりませんし、やるなら1番大きい山を目指すべきです。

    まずは、地元出身者の参加者を増やす事。その為に、普通はやらないデカイことをやる、という意味がとても大きいと考えています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    その為に何をするの?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    という一連の流れを言うだけなら誰でもできます。

    ここで今回のクラウドファンディングのプロジェクト、「お祭りと神輿の写真、動画をプロに撮影してもらってPR素材を作る」に繋がります。
    誰にアピールするのか。それは
    1、地元の人向け
    …毎年見慣れているはずのお祭りも、客観的に見る事でその素晴らしさを改めて感じて欲しい。誇りを持って欲しい。
    2、地元以外の人
    …とにかくこの小さな小さなお祭りの事を知ってほしい。合わせて、うおぬまエンジョイクラブという会が活動をしていることを広めたい。
    そしてそして、
    3、海外向け
    …実は今お願いしている動画に、英語字幕をつけてもらっています。やっぱり言葉の壁はありますからね。で、この動画を見て興味を持ってもらった人に「来てもらおう!」という、昨今流行りのインバウンドとは正反対の、この動画を見て興味を持った人の所に「神輿を担ぎにいく」為の説明ツールという事です。
    インバウンドの反対は、アウトバウンド?良く分かりませんが、リバウンド的な感じです。リバウンドを制する者は、ってやつですね。よくわかりません。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    最後に
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    とっても長い文章をここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。

    とにかく自分一人で考えていても何も始まらないので、表明という形で発表させて頂きました。
    実際にどの国に行くの?とか、どうやって行くの?とかはもちろんこれから一つづつ詰めて行く訳ですし、まずは地元の方々の協力がなければ絶対に不可能なプロジェクトです。

    まずはその為に、少しづつ説明をして、協力者を増やして行くしかないのかなともおもっております。

    と言うことで今回のクラウドファンディングに支援いただいた方には、引き続きこの大きなプロジェクトに挑戦する私の日常を楽しんでいただけたら幸いです。
    支援頂けなかったけれども、何だか面白そうだからという方も是非、楽しんでください。
    そして、各々のキッカケでぜひ、このプロジェクトに参加してみて下さい。
    きっと楽しいですよ!

    という事で皆様、クラウドファンディングはまだ3日ありますが、ここでお願いです。笑

    1週間ほど前に上陸した台風で甚大な被害が出ている地域がありますね。
    もしまだ私に支援しようと思ってしていない方がいらしたら、私の方よりもそちらに支援して頂きたいです。
    さとふるのサイト→https://www.satofull.jp/static/oenkifu/201909_typhoon_15.php

    私も心ばかりですが、支援させて頂きました。
    必要な所に、お金という最強のツールを回してあげましょう!

    という事で、私からは以上です。
    皆さま、ありがとうございましたー!!!
    2019.08.29 Thursday

    クラウドファンディング 、始めました。

    0

      珍しく連日の更新です。

       

      昨日に引き続き、うおぬまエンジョイクラブ関連の内容です。

       

      今週から、クラウドファンディングがスタートしております。

       

      「古き良き集落のお祭を、次世代へ繋いで行きたい」by シルクハット

      https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/844

       

      えーと、色々とありまして、祭りの直前にスタートになりましたが、とにかく祭りまでには間に合いました。笑

      もう動画を撮ってもらう方には依頼しています。

      そして、今週末のお祭当日には撮影をしていただく事は決定しています。

       

      つまり、このクラウドファンディングで支援が集まろうが集まらなかろうが、プロジェクト自体は進めます。

       

      という事で、その辺も含めて私のこの活動にかける本気度を計っていただければと思います。

       

      そして、これを見ているあなたからの支援、コメント、いいね、シェアなどなど、何かしらのアクションは私にとって大きな励みになります。

       

       

      どうぞ、宜しくお願い致します!!

      2019.08.28 Wednesday

      うおぬまエンジョイクラブ。

      0

        この度私、五十嵐は【うおぬまエンジョイクラブ】という団体を発足しました。
        https://m.facebook.com/groups/1136045886566845?ref=bookmarks

         

        [運営方法]

        Facebookグループを利用したオンラインサロン形式で、活動費として月会費1,000円を頂きます。
        集まった資金は、全てこの団体が活動するための資金に充てます。
        開催イベント毎に不足している資金があれば、その都度クラウドファンディングを活用し、活動資金を募ります。

         

        [目的]
        この団体の目的は、限界集落への道を辿る私の故郷である、旧北魚沼郡広神村(現魚沼市)を中心とした地域の活性化を目指します。

         

        [活動指針]
        名前の通り、魚沼地域でエンターテイメントを楽しもう!という事が全ての活動の主軸となります。もちろん地元の方々、時には行政の協力も得ながらですが、基本的にはこの団体メンバー内で企画、運営し、メンバーそれぞれが主体的に参加する事を前提としています。

         

        [活動内容]
        具体的には、魚沼地域の自然、山や川を活用したアクティビティ、豊富な食材を味わうフードイベント、古くから続いている伝統行事への参加、そしてこれまで開催される事がなかった野外音楽イベントなどを開催したいと考えています。

         

        [参加条件]
        1、Facebookグループでのやり取りが主となりますので、実名でのFacebookアカウントが必須です。
        2、月会費の支払いにPAY IDもしくはクレジットカードが必須です。

         

        [入会方法]
        1、専用のHPから月会費の支払いを済ませて下さい。
        専用HP:https://uonumaenjoy.base.shop
        ※スマホアプリからは購入できませんので、WEBブラウザから購入して下さい。
        2、支払い完了後、Facebookにログインし、うおぬまエンジョイクラブに入会申請を出して下さい。
        3、支払いと申請の名前確認が取れれば、グループへの参加が認められます。

         

        [入会特典]
        1、言い出しっぺになれます。魚沼地域でイベントや何かしらをやりたい、もしくは既にやっている、という方はどんどんメンバー内に提案できます。
        2、縁の下の力持ちになれます。言い出しっぺにはなりたくないけど、誰かのサポートをしたい方にはうってつけです。希望者はイベントの企画から参加できます。
        3、有料イベントの場合には、メンバー特別料金を設定します。また、一般公開に先駆けて先行発売もします。
        4、何より、やり甲斐を感じられます。自らが企画、運営に携わる事で、多くの人の笑顔を見る事が出来る。これ以上の喜びはありません。

         

        [最後に]
        ここまでご覧頂き、ありがとうございます。広神村で生まれ育ち18年、そして新潟市へ移り住み18年目の36歳の私が、愛する故郷のために何か出来ないだろうかと考え抜いた一つの結論が、この「うおぬまエンジョイクラブ」という団体の発足でした。
        地元にいないからこそ出来る事、支援、活動をしていくための場として機能する事を期待しています。
        月会費を集める事にした理由は、「本気の大人が本気で遊ぶために、邪魔されない場」を作りたかったからです。無料にしてしまうと参加人数は簡単に増えるかもしれませんが、その分責任感のない人を招いてしまいコトが進まないという事態になり得ると考えたからです。

         

        今は私が主宰、管理していますが、私を主体に活動をするための場ではなく、希望としては私を含めた「メンバー全員」が活動をするための場、そして活動をしたい人を支援、応援するための場にしたいと考えています。

        今はまだメンバーは私だけですが、まず1人でもできる最初の活動として、8月31日(土)、9月1日(日)に開催される、正に私の生まれ育った旧北魚沼郡広神村の田中・金ヶ沢地域のお祭り「須門神社秋季祭礼」のステキな写真、動画を撮りたい!という活動を始めます。
        活動内容は、お祭りの様子をプロに依頼して写真、動画撮影、編集して素敵な写真や動画の素材を作ってもらいます。
        活動の目的は、年々減り続けるお祭りへの参加人数を増やす事です。その為にこの素材を利用し、興味のある方へ届ける事で、広神村に足を運んでもらえないかと考えました。
        依頼するための必要資金は、クラウドファンディングで募ります。

         

        本当に、小さな集落のお祭りです。特別新しく際立った何かがある訳でもありません。でも、日本の古き良きお祭りという意味では、このお祭りの中に全てが存在しているように思います。
        是非、私だけでなく多くの方にそれを感じてもらい、何なら参加してもらい、良い所を発見、それらを伸ばしていって、お祭りをより多くの人が楽しめる「最強のエンターテイメント」へと進化させ、長く次世代に伝えていきたいのです。

         

        長くなりましたが、多くのご支援、ご協力、そしてうおぬまエンジョイクラブへの参加をどうぞ宜しくお願い致します。

        2018.11.20 Tuesday

        OPEN HOUSEのお知らせ。

        0

          施主様のご厚意により、OPEN HOUSEを開催します。

           

           

           

           

          日時:11月24日(土)25日(日)

           

          会場:阿賀野市緑岡

           

           

          見所は…

           

          ・エアコン連動式のパネルによる冷暖房

           

          ・無垢の床、壁などの天然木材

           

          ・調湿機能のある塗り壁

           

          ・一般的な塗装屋さんでは施工不可能な、特殊塗装壁

           

          ・ビニールクロスではない、質感の良い布クロスによる個室空間

           

          などなど、特に内装仕上げ材を各種体感できる住宅です。

           

          お問い合わせはこちらまで
          PHONE 090-3100-5134
          E-mail ikarashi-n@soleirolia.com
          フェイスブックのページからでもOKです!
          https://www.facebook.com/soleroli

           

          今回は五十嵐一人での対応となりますので、事前に連絡を頂けますとスムーズなご案内が可能です。

           

          それでは、皆様のご来場をお待ちしております!

          2018.09.27 Thursday

          広告チラシのお知らせとお詫び。

          0
            明日の新潟日報asshに広告として、オープンハウスのチラシが折り込まれます。

            新潟市西区の中でも地域を限定していますので、折り込まれていたらラッキーと思って下さい!



            そして、そのチラシの内容でお詫びがあります。

            チラシ中央部に載せた3枚の写真は、今回オープンハウスをする住宅の写真ではなく、過去の施工例の別の住宅の写真でした。

            その説明文を記載しなかったため、写真を見て誤解をしてしまう方もいらっしゃるかも知れません。

            この場を借りて、お詫び申し上げます。


            是非、実際にご来場頂きその目で確かめて頂きたく思います。


            皆様のご来場、お待ちしております。
            2018.08.02 Thursday

            元割烹 一富士さんの備品販売。

            0
              この度、ご縁あって内野町の一富士さんという元割烹料理屋さんの備品整理をお手伝いする事になりました。

              今年の3月に閉店後、色々な方にお声がけして買い取って頂いたりなどかなり物は少なくなっているのですが、大量の食器類などがまだまだ置いてある状態で、処分するにもできずに困っているとの事です。




              分かりづらい写真で申し訳ありません。
              割烹料理屋さんということで、和食や居酒屋さんに合う物が多いように見受けられます。

              もしご興味のある飲食店経営者の方、これから開業を考えている方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。

              五十嵐:090-3100-5134
              メール: ikarashi-n@soleirolia.com
              まで。


              また、一般の方にも来て頂いて気に入ったものがあれば単品販売するような、蚤の市イベントも検討しています。

              また詳細決まりましたら、お知らせ致します。


              もしこのブログをご覧になりましたら、是非お知り合いの方や、SNSで拡散、シェアをお願い致します!
              2016.06.03 Friday

              OPEN HOUSE のお知らせ。

              0
                こんにちは!

                来週末にOPEN HOUSEを開催させて頂きます。


                新潟市西区みずき野3丁目
                11日(土)、12日(日) の二日間
                9:00〜17:00

                私1人での対応となりますので、今回も予約制とさせて頂きます。

                ご予約、お問い合わせはコチラまで。
                090-3100-5134
                ikarashi-n@soleirolia.com

                できれば前日までにご連絡をお願い致します。


                今回のお宅は3世代住宅。ゆったりと広い空間で、のびのびと暮らすことができる住宅になりました。



                皆さまのご来場をお待ちしております!
                2015.02.09 Monday

                出張・研修旅行のお知らせ

                0
                  こんばんは。今日はもんのすごーーーーーーーく!寒いですね。
                  終日、マイナス2℃だったそうです…ゆき
                  いやー、やっぱり2月は寒くなりますね。まだ冬だったことを思い出させてくれました。


                  さて、お知らせが続きますが、2月15日(日曜)〜3月3日(火曜)まで、九州へ出張・研修旅行へ行くため新潟を離れます。
                  その間は通常業務の依頼に対応することができません。
                  ただし、メールと携帯電話の対応については可能です。

                  皆様には大変ご不便をおかけしますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。


                  実はまだざっくりとした予定しか組んでいませんが、大体の日程は下記の通りの予定です(仮)
                  ちなみに妻とのお気楽2人旅です。

                  15日:東京にて私達夫婦の友人であるEatimeが1日限定OPENする「MOGOLS CAFE」に足を運び、東京で1泊。
                  16日:飛行機で鹿児島へ行き、船に乗り換え種子島へ。お義母さんの待つ家にてしばらく泊まらせてもらいながら、種子島プロジェクト(って書くとすごい企画みたいですけど、まぁ、リフォームです 笑)の現地調査、打ち合わせ、計画等。
                  その合間に隣島の屋久島へ行きたいなぁと思案中。この時期でも天候によっては山に入り、縄文杉を見に行くことも可能だそうです。でもさすがに種子島といえども冬は雪が積もっている日もあるそうで。行けたらいいなぁ。
                  25日:鹿児島へ戻り、せっかくの初九州なのでゆっくりと北上。
                  ちなみにこの間の旅程は、今現在でほぼ未定です。笑
                  3日:福岡から飛行機で新潟へ。

                  格安飛行機を利用し、種子島ではお義母さんの家にお邪魔させて頂くので長期間の割には旅費を浮かせられる予定です。ありがたや〜。

                  これほど長期間の旅も初めてなので、楽しみです!

                  と、その前に、諸々抱えた業務を済ませなければ…という事で、今日もこれから頑張るぞー雪
                  2015.02.04 Wednesday

                  移転のお知らせ

                  0
                    気付けばもう2月。久しぶりの更新になりました。

                    OPEN HOUSEの後、せっせと引越しをしておりまして、2月1日から正式に引越し先での新生活が始まりました。
                    妻の実家に住まわせてもらう事になりまして、家の一部を事務所として使わせてもらっています。
                    ですので移転というよりは、転居ですね、はい。笑

                    しかも同じ町内への引越しですので、番地しか変わっていません。
                    あ、電話番号とFAX番号も変わりました。


                    住所:新潟市西区坂井656番地7

                    TEL/FAX:025-367-9289


                    近所だし自分達でも大丈夫だな〜なんて悠長に思っていましたが、2年半も住めばやはり物は増えるものです。
                    1月末はほとんど毎日引越し作業をして過ごしました。いやー、なんとか終わって良かった。
                    でも、運んだはいいけど荷解きはまだまだてんこもり…
                    ま、ぼちぼち整理していきます。


                    引っ越してきて一番大きな変化としては、犬と一緒に暮らすことになった事でしょうか。
                    もう14歳?くらいのおじいちゃん犬の、コージ君。



                    うしろ足っ!

                    今まではたまに遊びに来たりたまに散歩に行ったりしていた程度でしたが、一緒に暮らすとまた色々と面白いですね。



                    寝るときは妻か私の布団のどちらかに乗ってきます。図々しくど真ん中に居座る事もあるので、布団の中からちょっとづつぐいぐい押して端へ寄せてます。笑
                    でも冬場は暖かくて、湯たんぽ代わりになります。


                    という事で、これからはコージ君関連の記事も増えるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します!ジョギング
                    Calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    2728293031  
                    << October 2019 >>
                    WEB
                    http://soleirolia.com
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM